控え目なあなたに知ってほしいプロダクション系の鶯谷の風俗求人情報

風俗求人に、プロダクション物も数えられているのですが全体的に給与形態や待遇などがほかの風俗業種とはかなり違う形になっています。プロダクション系列の風俗求人に応募しようと思っている人は、具体的にどのくらいもらえるのかということを解説していきます。

■プロダクションの給与形態について
沢山の仕事の種類がありますが、どれも1回あたりの出演におかねが付いてくるという歩合制になっています。写真モデルは10万円から50万円、パーツモデルは1万円から5万円、Vシネマ女優は3万円から20万円、ネットモデルが1万円から30万円、ダンサーが1万円から5万円。

グラビア雑誌のモデルが4万円から6万円、撮影会モデルが4万円から8万円。イメージDVDモデルが10万円から30万円、デッサンモデルが1万円から10万円と言った具合に設定されています。仕事内容によって、報酬は大きく違い報酬が大きい物程選ばれる確率は下がり難易度も上がるというような形で見ていいと思います。

特にイメージDVDモデルなんか有名な人や将来がよっぽど有望な人でないと求人が来ることはまずありませんのでかなり狭き門のチャンスと言ってもいいでしょう。逆に、パーツモデルなんか手や足が綺麗だったりするとそれだけでOKだったりしますので他のプロダクションモデルの仕事に比べると難易度もやや低いというような特徴があります。

■プロダクション系のメリットとデメリット
メリットはやっぱり、1回あたりの報酬が大きいことですね。デメリットは、完全歩合制になっていますので選ばれなかった場合や仕事がない場合は完全に0になってしまいますので、当たり外れがとても大きい仕事だというところでしょう。